トップページ >>ネットビジネス副業・起業>>2020年のネットビジネス

2020年に起きた変化、これから先、注目すべきネットビジネス

2020のネットビジネス
富田貴典

副業で稼ぎたい個人や、ネットビジネスで収益を増やしたい小さな会社が、2020年に起きた注目すべきネットビジネスの変化とは?

 

さらに、これから先インターネットビジネスで稼ぎ続けるために、取り入れるべきビジネスモデルや一般人が参入すべきネットビジネスのジャンルについても解説!

更新日:2020年7月27日
2020年のネットビジネス業界

2020年は大きな変化の年。そして、インターネットビジネス業界でも様々な変化が起きてる年でもあります。

これから先、個人事業主や小さな会社がネットビジネスで稼ぎ続けるには、この変化に対応してピンチをチャンスに変えられる対応力が求められると思います。

 

また、これから先ネットビジネス業界に参入される方も、今、インターネットビジネス業界で起きてる変化や、これから注目すべき事を理解して一般人や個人でも稼げる分野に参入すべきです。

 

それを踏まえて、2020年に起きた変化やこれから先に注目すべき事をまとめてみました。

  1. 芸能人のYouTubeへの参入
  2. Googleの検索結果の変化
  3. サブスクリプションビジネスや
    ストック型ネットビジネスの重要性

について、詳しく解説していきます。

 

伸びるYouTube。しかし芸能人ユーチューバーが参入!

YouTube

まず最初に、年々インターネットビジネス業界で存在感を高めてるYouTube。これから先も5G等の影響でYouTube動画の重要性がより高まる事は間違いありません。

実際、それを感じてか、多くの個人事業主や小さな会社が、2020年の初めから、こぞってYouTubeに動画をアップし始めました。

 

しかし、2020年後半になってYouTubeでバズるような動画を作成できてるのは、ほんの一部の方のみ。

トップユーチューバーのコンサルティングサービスを受けながら、クオリティーの高い動画をお金をかけて作っているのにも関わらず、多くの方は、再生回数が伸び悩んでいる方は多いです。

 

しかも、最近では芸能人や著名人までもYouTubeに参加する方が多くなり、エンタメ系のユーチューバーは大打撃を受けてる印象があります。今まで動画をアップすれば数十万〜百万万回再生が当たり前だった人でも、数万回再生がやっと。

 

2020年以降、テレビだけではなくYoutubeに参入して稼ぐ芸能人は、さらに加速していくと思われますし、芸能人が事務所を独立する方も増えているので、この流れは止められないでしょう。

 

ですので、今後ヒカキンやヴァンユンのようなトップユーチューバーを夢見て一般人の方が、YouTuberにエンタメ系の動画をアップしても稼ぐのは相当厳しいと考えられます。

 

何と言っても、テレビ業界の映像制作プロと話しの手のプロがタッグを組みYoutubeに参入してるわけですから、今までのトップユーチューバーの立ち位置さえ大幅に変化すると予想されます。

今までは何となく面白い、話題になる動画を作ってるだけでも広告収入を得ていたユーチューバーも、今後は強力なライバルの参入でより質も内容のレベルも高いエンタメ系動画作成が求められる可能性があります。

 

じゃ、どうすれば良いのか?

 

今後、一般人ユーチューバーが生き残るのは動画の内容を、これまでのトップユーチューバーが作るような総合デパート型の動画コンテンツやエンタメ系動画ではなく、よりニッチで専門性の高い動画コンテンツが求められる時代になると思います。

総合デパート型の動画コンテンツだと、芸能人も入ってくるので一般人が太刀打ちできない状態になるでしょう。

だかかこそ、ニッチで専門性を追求した動画が大事なるわけです。

 

実際、海外ではビジネス系の専門性を高い動画コンテンツを提供するだけで1動画配信で500万以上稼ぐユーチューバーがBusiness Insiderでも取り上げられ話題に。

Business Insider
引用元: businessinsider.jp/

そのユーチューバー曰く「今後はコンテンツが鍵を握る」と語ってます。

2020年以降は、一般人ユーチューバーが生き残る動画は、あなたが特定分野では負けないニッチな専門ジャンルで、質も高い動画コンテンツを作成してアップする事がポイントになると思います。

 

さらに、YouTubeからの収入も、YouTubeパートナーの広告だけで収益化するのではなく、Youtube以外の収益化を考える時代に突入したのは間違いありません!

例えば、私の場合も、海外向けにですがYouTubeに日本語を教える動画をアップしていますが、この動画の真の目的は、自分が販売している日本語教材に興味を持つ見込み客リストを獲得するためです。

海外のYouTube動画

YouTube動画では、広告を流すだけじゃなく、動画に興味を持ったら「私の7日間無料で受けらえる日本語動画メール講座にも登録してね!」と促して、自ら発行するメルマガに誘導しているんです。

そして、メルマガで情報コンテンツを販売して収益化を図るようにしています。

 

中には最近、Youtubeの動画の一部を有料化して販売する方達も増えています。このような方達はユーチューバーというよりかは、YouTubeを集客媒体として活用している商売人や事業主が多いですね。

要は、一般人ユーチューバーは視聴率で稼ぐのではなく、FREEモデルで一部のファン向けに有料動画コンテンツを販売して稼ぐビジネスモデルを作り上げる事が、これから先一般人ユーチューバーが稼ぐ道だと考えられます。

 

Googleの大手サイト優遇説

2020年に起きた変化は、Youtubeだけではありません!

実は、ブログの世界でも大きな変化が起きており、これまでの考え方や稼ぎ方だけだと、個人や小さな会社がブログで集客して稼ぐのは難しくなってきた時代でもあります。

 

と言うのは、Googleが2020年後半から大手サイトなど信頼性の高いサイトじゃないと、特定のジャンルにおいてはGoogleの検索結果に上位表示させなくなってきたからです。

そのせいで、今まで毎月数百万と稼いでいたアフィリエイターが、アフィリエイトを引退する人たちが続出!

「ブログアフィリエイトはオワタ!」なんて言う人もいました。

 

確かに、昔に比べるとブログアフィリエイトは稼げるジャンルが減りましたが、ブログはYouTubeやSNS等に比べると、個人が未だに稼げるやり方でもあるんです。

上記のように、かなりの金額を稼いでいた人たちでアフィリエイトを卒業した方達もいましたが、実は、未だにブログだけで毎月100万〜1000万以上稼ぐ人たちが存在します。

彼らの場合、

  • 個人でも稼げるジャンルで稼いでる
  • ドメインのパワーが強いブログを運営
  • 一部の実力者は大手と組んでる

そういう傾向があります。

 

ブログの良い所は、YouTubeと違って個人でもまだまだ稼げるジャンルがあって、アフィリエイトも特に禁止されてない事です。

YouTubeの場合、YouTube側がOKでも、広告主側がYoutubeからアフィリエイトする事を禁止してる広告主も多いです。

 

そして未だに、顔出ししなくても稼げるし個人や小さな会社が参入しても大きく稼げるジャンルがあるのは、ブログアフィリエイトの良い点です。

さらに言うと、YouTubeやSNSが台頭してるお陰で参入者が昔に比べると減ってるのも、逆にチャンスだったりします。

 

サブスクリプションビジネス=ストック型

さらに、2020年のネットビジネス業界では、よりサブスクリプション・ビジネスへの考えも大事なるでしょう。

今までは、単体で販売していた商品をサブスクリプション型に変更したり、サービス自体をサブスクリプション型に変更して、毎月安定して収益が得られるビジネスモデルを生み出す事。

 

サブスクリプションがこれだけ注目され重要性が理解されるようになったので、インフラ的なサービスの発展も考えられます。

そもそも、サブスクリプション型ビジネスは【ストック型ビジネス】と同じような考え方ですので、長く安定して稼ぎ続けられる会社や人ほど、このビジネスを取り入れる傾向。

 

例えば、情報コンテンツを販売するネットビジネスでも、今まではプロダクトローンチで高額塾やスクールを販売していた方達がコミュニティービジネスを展開して毎月課金を行うサブスクリプションビジネスを展開する人が徐々に増えています。

 

現に、私もサブスクリプションビジネスを2018年頃から展開するようになり、今では毎月安定して入ってくる自動収入が50万円ほど入っています。

サブスクリプションのビジネスモデルは2019年頃から注目されるようになっていましたが、その前からサブスクリプションビジネスに近い考え方のストック型ビジネスについて勉強して仕組みを構築したからです。

 

この仕組みはフロー収入と組み合わせて作り上げた仕組みですが、ビジネスの安定性を考えると、激変するネットビジネス業界では大きな支えになります。

 

2020年後半以降は、この事を理解した人たちは【サブスクリプションビジネス+関連商品やサービスの販売ビジネスモデル】に力を入れる人が生き残るのは間違いありません!

 

ちなみに、アフィリエイトはストック型ビジネスでも、サブスクリプションビジネスでもないので勘違いしないようにしてください。

 

ただし、ライフライムコミッションが貰えるアフィリエイト形態であれば、サブスクリプションビジネスや、ストック型ビジネスに近いものがあります。

 

例えば、ステップメール配信が出来るMyAspのアフィリエイトは一度限りのアフィリエイトではなく、紹介したお客さんが一度契約すると、その後も、そのお客さんが契約し続ける限りあなたにアフィリエイト報酬が支払われます。

言ってしまえば、継続的にアフィリエイト報酬が入るストック型アフィリエイトですね。

継続的にアフィリエイト報酬が入るMyASPのアフィリエイト

MyASP
引用元:https://myasp.jp/

実は、このようなアフィリエイト形態はASP等には登録されてないので、あまり一般的には知られないのですが、実は探すと意外とあるんですよ。

参考になったらSNSでシェアーして下さい。
記事作成の励みになります!

 

ネットビジネス初心者の方へ↓

ネットビジネス初心者のイメージ画像

【初心者向け】0からのネットビジネス始め方

kaigainet.com/step1.html

アフィリエイトサイトのイメージ画像

ネットビジネスなら、アフィリエイトが1番?

kaigainet.com/step2.html

資産構築型アフィリエイトのイメージ画像

資産型アフィリエイト入門講座

kaigainet.com/step3.html