トップページ >>グーグル・アドセンスで稼ぐ方法>>アドセンスのテキスト+ディスプレイ広告

2019年最新グーグルアドセンスのテキスト+ディスプレイ広告の事例

アドセンスのテキスト+ディスプレイ広告

ネイティブ広告が当たり前の時代

先日、グーグルアドセンスから届いたメールに「ディスプレイ広告+テキスト広告」の新しいフォーマットについて書かれていました。

なんでも今度、アドセンス広告は従来のテキスト広告ユニットとディスプレイ広告ユニットは一体化させる方針らしいです。

テキスト広告時代が無くなるわけじゃないですが、従来のように、広告ユニットを選択する際に「テキスト広告のみ」を表示させるのが出来なくなるわけです。

アドセンスのディスプレイ広告

今までのディスプレイ広告ユニットは、

  • 文字ののみで表示するタイプ(テキスト広告)と
  • イメージ画像が掲載されたタイプ(ディスプレイ広告)

の2つに分かれていたので、ディスプレイ広告を選択した場合、媒体運営者がどちらかを選択する事が出来たんです。

アドセンスのディスプレイ広告

しかし、今後はアドセンス側がAiによって自動的に媒体に合ったタイプの広告を選択するようになります。

そして、テキスト広告、もしくは、ディスプレイ広告のどちらかが自動的に配信されるという事です。

昔は、PCからのアクセスが多かったので、媒体の掲載位置によってはテキスト広告のみを表示させた方がクリック率を高める事も可能でしたが、この図式は昔の話。

近年は、スマホからアクセスする人が大半です。

スマホからアクセスする人に対しては、ネイティブ広告と呼ばれる広告の種類の方がクリック率も高く効果も高いんです!

ですので、ディスプレイ広告+テキスト広告ユニット自体も従来ような形式ではなく、クリック率が高まるような形式に変更されるわけです。

アドセンスのテキスト+ディスプレイ広告

例えば、従来のディスプレイ広告は所謂、バナー広告の形式でしたが、近年このバナー広告のクリック率も効果も下降気味です。

事実、私自身も広告主としてGoogle広告のディスプレイ広告やYahooプロモーション広告のYDN広告を出していますが、バナー広告よりもスマホに効果的なインフィード広告の方がCTR(クリック率)も高くCPC(クリック単価)も低く押させることが出来ています。

グーグルアドセンスを掲載してる媒体

また、私自身は、上記のような媒体(ブログ)運営者としてアドセンスを掲載する立場でもありますが、やはり従来のディスプレイ広告やテキスト広告よりも

  • インフィード広告ユニット
  • 記事内広告ユニット
  • 関連コンテンツ広告ユニット

の方がクリック率が高いのは事実です。

特に、下記のような関連コンテンツ広告ユニットを記事下に掲載してからはアドセンスの広告収入が大きく伸びる感覚があります。

また、私の生徒さんでも関連コンテンツ広告ユニットが掲載できるようになってからアドセンスの収入が伸びてる方が多いです。

関連コンテンツ広告ユニット

多分、グーグルアドセンス側もこの事実を理解しているので、ディスプレイ広告もテキスト広告も効果+クリック率を高める為に、ネイティブ広告と呼ばれる形式に変更するようになったと考えられます。

 

Aiで進化するアドセンス広告の対応方法

さて、このようにグーグルアドセンスは日々進化しているのですが、近年は昔に比べると、この進化は急速化してる感じがあります。

そうなると、媒体運営者は毎回毎回、新しい広告ユニットに対応する必要性が出てきます。

広告自体は自動的に配信されるので、そこは問題ありません。

ただ、新しい広告ユニットが出たときに、どの場所が掲載位置として1番適しているのかが分からないと思います。

そこで、私が今後おすすめしているのが、グーグルアドセンスの自動広告ですべて対応する事です。

自動広告

現在、まだアドセンスの自動広告は100%完全な状態ではありませんが、この自動広告は日進月歩進化しています。

今回のような新しい広告ユニットが出たときに、自動広告で広告を掲載する形に変えた方が管理画面で楽に管理できるので、今度、亜ドンセス運営者は記事コンテンツに集中する上でも自動広告でアドセンスに対応する方がスムーズに媒体運営ができるようになると思います。

 

また、初心者の方でアドセンス広告を掲載して稼ぎたいけど、

  • どの位置に
  • どの広告ユニットを
  • どう載せたら良いのか

が分からない方は、最初から自動広告で対応するのが1番良いと思います。

詳しくは、グーグルアドセンスの自動広告

 

ブログの構図をアドセンスに合わせる!?

さて、今回、新しくなったディスプレイ広告を見て私はある事を思いつきました。

それが、アドセンスで収入アップを図るなら、今度はブログ運営者側がアドセンスの広告ユニットに合わせた構造を作る事が大事だという事です。

例えば、今回新しくなったディスプレイ広告と

ブログのサイドバー

賢威テンプレートを導入した私のブログのメニューバーを比較すると・・・

ブログのサイドバー

形式が似てますよね?

ブログ自体は、テンプレートによってはアドセンスの広告ユニットに近い形でカテゴリーのメニューや人気記事のランキングを表示する事が可能です。

要は、ブログ運営者は今度、ブログの形式自体をアドセンスに合わせていった方がアドセンスからの収入が増える可能性は高くなるという事です。

アドセンスの広告ユニットをブログに掲載した事例

仮に先ほどの新しくなったディスプレイ広告とメニューバーを連続に表示すると、違和感なく表示出来てますよね?

実際の広告は、もう少しブログの内容にあった広告が表示されるので、もっと違和感なくコンテンツの一部として表示され訪問者のクリック率を高める事が出来るようになると考えております。

とにもかくにも、新しい広告ユニットは今度自動広告で対応して、媒体運営者側はアドセンスの広告ユニットが自然とマッチするような形に構造を変更する事がアドセンスの収入アップにつながるカギとなると言えるでしょう。

 

 

参考になったら「ポチッ」と!

 


【初心者向けのおすすめ記事】

ネットビジネス初心者のイメージ画像

初心者向け!インターネットビジネス始め方

kaigainet.com/step1.html

アフィリエイトで稼ぐブログの成功事例

1番おすすめの稼ぎ方、アフィリエイトとは?

kaigainet.com/step2.html

ネットビジネスで自由を手にした男性のイメージ画像

収入と自由を手にする資産型ブログの作り方

kaigainet.com/step3.html


ネットビジネス無料講座