トップページ >>アフィリエイト>> アフィリエイト記事

アフィリエイトに必要な記事数や書き方:例文あり

アフィリエイト記事の書き方

富田貴典

アフィリエイト記事が書けない人向け!アフィリエイトは記事数や文字数より、正しい記事の書き方や構成が大事です!

 

記事作成ツールやテンプレート、外注・代行の必要性は?

見本や例文も公開!

アフィリエイト記事の正しい書き方

この記事では、アフィリエイト記事の書き方というか、アフィリエイト記事の書き方の正しい考え方についてお伝えします。

今回の内容を知るだけでも、アフィリエイト記事が書けない初心者にとっては考え方が大きく変わりますし、これから先は記事もスラスラかけるようになります。

 

まず、初心者にありがちな質問の一つ「アフィリエイトブログの記事には何を書けば良いのですか?」という質問があります。

こういう質問をする方は、アフィリエイト記事の書き方に対する考え方を変える必要があります。

 

アフィリエイト記事を書く際に「ネタ探し」って言われる事がありますが、最初からネタを探す考え方は捨てて下さい。

ネタを探すのではなく最初は、あなたのブログを見てもらいたいブログ訪問者がYahooやGoogleで検索しているキーワード(言葉)は何なのかを調べる必要があります。

Google

検索されているキーワードを調べる事で、あなたのブログ訪問者となる人が本当に求めている情報が何なのかが理解できます。

そして、その検索キーワードで求められている情報を掲載した記事の書き方を勉強する事が重要なんです。

 

その為には、アフィリエイト記事を書く前に、あなたが

  1. ブログで配信する情報のテーマを決めて
  2. アフィリエイト商品やサービスを選択
  3. その商品やサービスを欲しがる人を決め
  4. 検索キーワードをリストアップ

するという作業が大事です。

 

見本:記事の書き方

まず、ブログはテーマが決まて、そのテーマに関連した商品やサービスをアフィリエイトで紹介する事が大事です。

例えば、分かりやすく私が以前作成したアフィリエイトブログの事例を基に解説します。

私は以前、TOEICで高得点を取得する勉強法をテーマにブログを作成しました。

そして、このブログでは主にTOEICに関連した英語教材をアフィリエイトで紹介していたんです。

Toeic サイト

ブログのテーマやアフィリエイトする商品やサービスが決まれば、今度は、TOEICで高得点を獲得したい人がGoogle等で検索しているキーワードをリストアップします。

検索されているキーワードは、無料で使えるキーワードツールを使えば一目瞭然!

例えば、キーワードプールと呼ばれるツールを使ってTOEICで高得点を取得したい人が検索するであろう言葉を調べます。

アフィリエイト記事にする際に狙うべきキーワード

 

例文:内容や構成は?

検索キーワードを調べたら、その特定のキーワードをタイトルや見出しに入れて記事を作成します。

例えば、上記の中で【TOEIC 勉強法】という検索されているキーワードに対して記事を書くなら、リストアップされた言葉をタイトルや見出しに入れて記事の構成を考えていきます。

ブログのタイトル【TOEIC勉強法や役立つ参考書やアプリ7選】

見出しも、検索キーワードを入れて4〜5つ考える事

  • 見出し1【初心者向けTOEIC勉強法】
  • 見出し2【役立つTOEIC参考書ベスト10】
  • 見出し3【役立つTOEICアプリ7選】
  • 見出し4【大学生・社会人向けの勉強法】
  • 見出し5【800〜900点を狙う勉強法】

上記はあくまでも1つの記事構成の例ですが、上記のように検索されているキーワードを入れたブログのタイトルと、それぞれ見出しが決まれば記事の内容も書きやすくなります。

基本的には、それぞれ見出しに沿った内容を自らの体験談をベースにした記事を書いていけば良いんです。

 

このような記事の書き方なら、あなたのブログ訪問者になりえる人が求めている記事を書けるようになるんです!

そして、これこそがアフィリエイト記事の正しい記事の書き方と考え方です。

 

記事数や文字数よりも大事な事

アフィリエイト記事を沢山書いているけど中々収益に繋がらない人の問題点は、記事数ばかりを気にしている事です。

アフィリエイト記事を書く際に大事なのは、あなたのブログ訪問者となる人がGoogle等で検索している検索キーワードのリストアップです。

検索されているキーワードのリストアップが出来ないと、そもそもアフィリエイトに繋がる記事を書くことが出来ません!

このキーワード調査をせずに記事を書いたとしても記事自体が独りよがりな情報になってしまい誰も見てくれない状態に陥ります。

 

また、アフィリエイト記事は「その商品・サービスが必要、欲しい」って思ってる人が検索してるキーワードに対して記事を書いて紹介する方が成果が出やすいです。

なぜなら興味がない人に、どんなに素晴らしいと思ってる商品を紹介してもアフィリエイト報酬は発生しないからです。

 

例えば、先ほどのTOEICブログの事例ですと

  • TOEIC勉強法に関連するキーワードや
  • TOEICの本や参考書名
  • TOEICのアプリ名
  • TOEICの教材名

などなど。

なるべく、アフィリエイトに繋がりやすい検索キーワードをリストアップした方が効率が良いです。

 

逆に、「英会話 カフェ」で検索している人向けに記事を書いてもTOEICの教材をアフィリエイトしている場合、アフィリエイトの収益に繋がる可能性は低いです。

なので、なるべくなら紹介している商品やサービスに興味を持っている人が検索するキーワードをリストアップして効率よくアフィリエイト記事を増やしていくことが大事なんです。

 

記事数ばかり気にしてアフィリエイトに繋がりそうにない記事を増やしても、実は、逆効果です。

なぜなら記事に一貫性があると記事だけじゃなくブログの専門性が高まり媒体の価値も評価されて、書いた記事が検索結果の上位表示=アクセスアップにも繋がるからなんです。

 

また文字数も、これと言って絶対に決まっているわけじゃありません!

一般的には最低でも1000文字と言われていますが、これも検索されているキーワードを見え構成や内容を考えた上で記事を書くので、1000文字になるときもあれば、3000文字、5000文字という数になる可能性もあるわけです。

 

ちなみに、どうしても記事を書く前の段階でブログのテーマが決まらない方は書評ブログがおすすめですよ。

書評ブログなら記事も書きやすく、アフィリエイト記事が書けない人でも良質な記事が書ける可能性が非常に高いです。

詳しくは↓
ブログに書くことがない人向け書評ブログ

 

初心者は、記事の外注や作成ツールは使うな!

アフィリエイト記事を書く際に

  • テンプレートや
  • 作成ツール・量産ツール
  • もしくは代行・外注

を使えば「記事を書くのも楽になる」と考えている方もいます。

 

確かに、記事作成を代行してくれる外注サービスを使えば、一気に記事数を増やすことが出来たり作業を半自動化させることは可能です。

ただし、これはアフィリエイト記事の正しい書き方が分かっていて実際に自ら書いてアフィリエイトでも収益化できるようになった中上級者向けのやり方です。

なぜなら、記事作成代行の外注を頼んでも納品された記事自体はある程度自らが

  • コピーのチェック
  • 記事の改善

などを行わないとマイナス効果になってしまいます。

なので、初心者がいきなり外注サービスを使うのは時期早々。

 

一方で、よく「ブログに記事を書かないでもアフィリエイトやアドセンス等の広告収入で稼げる!」と謳っている記事作成ツールやテンプレートを販売する業者もいますが、それは詐欺に近いです。

今の時代、記事作成ツールで記事を量産しても無意味。

テンプレートなら多少使えなくもないですが、今回解説した記事の書き方こそが本当に正しい記事の構成テンプレートなので、態々お金を出してまで記事のテンプレートを買う必要性はありません!

 

なので1番大事なのは、今回説明した正しい記事の書き方を学び、ネット上の資産となるブログ記事を作成する事です。私が実践しているやり方は、まさに今回説明したやり方です。

更に詳しい事は、下記の無料動画でも解説しているのでご覧になってみて下さい。

 

ネットビジネスで稼ぐ為の秘訣を解説した無料メール講座今すぐ下記より無料ダウンロード

下記にあなたのEメールアドレスを入力後、『今すぐ無料ダウンロード』を押して下さい。

ご入力頂いたメールアドレスに、特別動画視聴ページと電子書籍ダウンロードURL、その他、各種情報が届きます。

注意》outlookや、icloudのメールアドレスだと届かないので別のメールアドレスをお使いください。また、ご入力いただいた情報は「個人情報保護法」に基づき厳正に管理し定める目的以外で情報を利用する事はありません。

この無料レポートを読んだ方達のコメント

ネットビジネス初心者の方へ↓

ネットビジネス初心者のイメージ画像

【初心者向け】資産型ネットビジネス始め方

step1.html【おすすめ

アフィリエイトサイトのイメージ画像

資産型ネットビジネス1番はアフィリエイト

step2.html

資産構築型アフィリエイトのイメージ画像

毎月10万〜30万稼ぐ資産型ブログの作り方

step3.html