ラッコサーバー

富田富田

2021年9月から開始された新しいレンタルサーバー:ラッコサーバー。ラッコのWEBサービスは、中古ドメイン売買が1番有名ですが最近は、新しいWebサービスを次々とリリースしています。

今回は、そんなラッコの新サービス、ラッコサーバーのメール設定やWordpress、ドメイン機能、さらには気になる料金プランについて解説します!

ラッコサーバーの機能

ラッコサーバーは、個人や中小企業向けにおすすめのレンタルサーバーです。一応、法人向けのレンタルサーバーのプランも用意されていますが、基本的にラッコのWEBサービスは簡単で使いやすいを売りにしているので個人や小さな会社が利用していることが多いです。

私もこれまでに、

  • 中古ドメイン販売屋さん
  • ラッコドメイン

を利用してきましたが、基本的にラッコサーバーも他のラッコのWEBサービスと同様非常に管理画面がシンプルで使いやすいです。

ドメイン譲渡やサイト売買が楽

ラッコサーバー自体は、機能面では特に「コレ!」と言った特徴的なサービスがあるわけじゃないですが、後々、

  • ドメイン譲渡や
  • サイト売買

をブログ運営の出口戦略として考えてる方にはおすすめできるレンタルサーバーです。というのは、ラッコサーバーを使えばラッコドメインでドメインを運営するのが通常の流れるになる可能性が高いです。

例えば、中古ドメイン販売屋さんで購入した中古ドメインはラッコドメインで管理しますが、同時に、レンタルサーバーもラッコサーバーで運営すれば後々「ドメインを売りたい」「ブログを売りたい」となった時に譲渡が楽になるのがラッコサーバーの1番大きなメリットです。

以下は、ラッコサーバーでドメイン等を譲渡する際のメリットです。

リアルタイムのサーバー契約譲渡が行えるためです。
サーバー契約ごと譲渡する場合、サーバー移転などの煩雑な作業が不要となるため、スムーズにWEBサイトを譲渡することができます。

・サーバー移転、ドメイン移管の知識がない
・環境差異でサイトが動作しなくなるリスク
・サイト移行代行を依頼すると数万円の費用が掛かる
これらの問題があるため、サイトの譲渡作業では時間とお金がかかるものと認識されています。
しかし、ラッコサーバー/ラッコドメインでサイトを管理いただいていると、リアルタイムでサーバー契約/ドメイン名を譲渡することができます。

・購入時に掛かる技術的なハードルが下がる
・売主、買主共に時間を節約できる
・更新停止期間がなくなることで、更新性の高いサイトの価値低下を抑える
こういった効果があるため、通常よりも売れやすかったり、高く売れる可能性が出てきます。
サイト売却をご検討されている場合は、是非ラッコサーバー/ラッコドメインでのサイト管理をご検討ください!

注意:ラッコサーバーは1契約1ドメイン管理であること(譲渡対象外のサイトを混ぜない)

引用元:ラッコサーバーより

WordPressのインストールも簡単

ラッコサーバーのWordpress

ラッコサーバーのWordpressブログは、Xserverやロリッポップなどその他のレンタルサーバーと同じような感じで簡単にインストールして初心者の方でも始めやすいです。

また、最近、レンタルサーバーの多くはインストールだけじゃなく簡単にブログを始められるようなサービスを提供し始めていますがラッコサーバーも同様、上記のようなかんたんブログスタート(Wordpress)という機能があります。

これを使えば、

  1. ドメイン登録
  2. ネームサーバー の設定
  3. SSL設定
  4. そして、Wordpressインストール

まで全て、一つの管理画面で手順に沿って進めることができるので簡単です。ただ、それでも難しいと感じる初心者の方はいまだに多いです。

メール設定も特に問題なし

設定したドメイン名でメールアドレスを設定する場合、ラッコサーバーでも特に追加費用もかからず簡単にドメイン利用型のメールアドレスが作成できます。

また、ウェブ上でも設定したメールアドレスの受信ボックス等を確認したりメールを送信したりすることは可能です。

ラッコサーバーの場合

  • roundcube
  • horde

という2種類のWebメールソフトから選べます。

ラッコサーバーの料金は高い?

最後に、ラッコーサーバーの料金ですが他所のレンタルサーバーと比較しても、そこまで大きな差はないでようです。

ラッコサーバーの料金プランで1番おすすめは、使い方によります。もし、最終的にブログの売却やドメイン譲渡を考えているなら

  • RK1
  • RK2

このどちらかで問題ありません。RK1は、月額440円で比較的安いですがマルチドメイン機能が使えません。要は、ドメインは一つだけしか設定できないわけです。

ただし、後々、売却を出口戦略として考えているならサーバーごと譲渡した方がいろんな意味で楽です。そうなると1ドメイン=1サーバーの方が絶対におすすめです。

一方でRK2は、マルチドメインで複数のドメインが設定できますが、そこは関係なく、どちらかというとPV目安が大きなポイントとなります。ブログの売却で大事なのは、PV数だったり稼いでる金額だったりしますが、その際にPV数が月に100万PVもあるとRK1じゃ耐えきれないわけです。

だから計画しているブログが、かなりのPV数が見込めるブログなら最初からRK2の料金プランでスタートするのが1番おすすめです!

まんがブログ

ちなみに、私が1年前から始めた漫画ブログは現在、月のPV数が30万PVとなり仮にラッコサーバーでRK1を利用していたら対応できない状況となります。ですので、私だったら最初からRK2を利用すると思います。