Mac

富田富田

サイト作成ソフトで有名なSIRIUS(シリウス)に関して、こんな質問を頂きました。

「SIRIUSを、MacBook(マックブック)に導入できますか?」

基本的に、SIRIUS(シリウス)はWindowsのみ導入できるサイト作成ソフトですが、ある方法を使えばマックブック等にもインストールすることは可能です。今回こちらの記事では、そんなマック:Mac製品にSIRIUS:シリウスを導入する裏技を解説!

実際に私も利用している方法なので参考になると思いますよ

SIRIUSはマックブック等にインストール不可

ホームページ作成ソフトとして知られている、SIRIUS(シリウス)を購入してもマック関連のPC(例:MacBook Airや、Macbook Pro)等にはインストールする事はできません。

Siriusの動作環境

Siriusの販売ページにある動作環境が書かれた箇所をご覧になっていただければわかるのですが、オペレーティングシステムには、Windowsしか書かれていません。

ですので、基本的にはマックブック等は、SIRIUS:シリウスのサイト作成ソフトをインストールすることはできません。

SIRIUSをマックで使う方法

ただし、ある方法を使えば、MacBookなどの製品にもSIRIUS(シリウス)をインストールして使えるようになります。

実際、Siriusの販売ページにも正直分かりにくいですが【その他】と書かれた備考欄に下記のようなことが書かれているんです。

Siriusをマックで動かす方法

上記部分の「Macをご利用の場合、ブートキャンプ等でWindows環境を作ればSIRIUSを動作させることは可能です」と書かれてるところに注目してください。

要は、マックブックにWindowsもインストールして、インストールしたWndows内でSiriusをインストールして動かせば良いんです。

この時、多くのマックユーザーは、ブートキャンプ:Bootcampを使うことが多いです。Siriusの販売ページにも「ブートキャンプ等で」と書かれいますが、実は一番賢いやり方としては、マック:Macの仮想環境上で動かす事です。

仮想環境??

なんか難しい言葉が出てきたので「??」ってなった方もいるでしょう。大丈夫です。難しい言葉を使いましたが、基本的にはマック内にWindowsをインストールするのは変わりません。

ただ単に、マックのPC上で負担を軽くしてWindowsを動かす方法が、この仮想環境だって覚えておいていただければ大丈夫です。

逆に言えば、ブートキャンプというソフトを使って行うと

  • マックブック等の負担が重くなるし、
  • Windowを立ち上げる手間も掛かる

ので、私が実践しているマック:Macの仮想環境上でWindowsを立ち上げてSiriusを使う方法の方がいろんな面で有利だということです。

手順1:Parallelsをマックに導入

仮想環境でWindowsをマックで動かすには、Parallels(パラレル)というソフトを購入してMacにインストールする必要があります。

paralell

Parallels Desktop for Macはこちら

仮想環境なんていう難しい言葉だから、一見難しく感じたと思いますが、基本的には上記ソフトをマックにインストールすれば良いだけ。

ブートキャンプというソフトをインストールするか、Parallesというソフトをインストールするかだけの違いです。

手順2:Windoswをマックに導入

次に、WindowsのDSPという自作でソフトを導入したい場合に使うWindowsのソフトを購入してインストール(例、Windows 10)します。

Amazon等で販売しているので、それを購入する必要があります。ビックカメラやYAMADA電気等で販売している普通のパッケージ版じゃないので気をつけてください!

多分、ビックカメラ等でも売ってると思いますが、必ず「DSP版」を購入することが重要です!

マックにSiriusをインストール

そして最後に、マックの仮想上で動かしているWindowsにSIRIUS(シリウス)を通常通りインストールして導入すると。

簡単ですよね?

あとは、いくつか気をつける点は多少ありますが、基本的な流れは今回の記事で解説したやり方を参考にして頂き、その他は私がSiriusにつけた特典動画も参考にしていただければと思います。

Siriusはインストール以外にも、使い方で知っておくべきことなどがあります。あとは、アフィリエイト等でシリウスを使う方に必見のSiriusの使い方のコツもあるので、そのような事を私の特典動画で解説していますよ。

詳しくはこちら↓
Siriusの詳細と特典動画はこちら

マックでSiriusを使う時の注意点

最後に、マックでSiriusのサイト作成ソフトを使う場合の注意点をいくつか解説します。今回のテーマにも関係してるので、一応読んでおいた方が良いですよ。

SIRIUSを別のマックやPCで使う場合

まず、既に他のパソコンやマックブック等にSIRIUS(シリウス)を導入している場合は追加ライセンスが必要になります。

SIRIUSは基本的に1パソコンについて、1ソフトの考えです。

ですので、2台目以降のパソコン、もしくはMacで使う場合は、追加ライセンスをSiriusのこ運輸者ページから購入する必要があります。

もちろん通常と同じ価格ではなく、ライセンス代はかなりお安くなっています。

Parallelsをインストールの注意点

また、マックブック等にParallelsをインストールする場合、注意点があります。

それは、Parallelsを「ライクPC」としてインストーする事。「ライクMac」でインストールすると、たとえ、ParallelsでWindows10等導入してもシリウスのインストールが出来ません。

「え、そうなの!!もう購入しちゃった!!」って方は大丈夫です。途中「ライクPC」に変更すれば問題ありませんので。