在宅ワーク

テレワークにより聞こえてるくる声

新型コロナウィルスの影響により、自宅でできる仕事を探す会社員や主婦が増えています。

実際、一部IT企業ではテレワーク化により、ほぼ全社員が自宅で仕事をするというスタイルが、今回の騒動により一般化していきそうな雰囲気もあります。

 

テレワークで在宅ワークができるなら、

従業員の声:「わざわざ会社に行かなくても仕事ができるじゃん!」

経営者の声:「高い家賃を払って一等地にオフィスを借りなくても住むじゃん」

 

それぞれ従業員にとっても経営者にとってもメリットを感じてる方も多いはず。

 

コロナウィルスに感染する確率が高い場所

満員電車

特に会社員の方は、新型コロナウィルスが繁殖し始めている時期に、満員電車に乗ってまで会社に行く事時代が大きなリスクだと感じてる方も多いはず。

 

政府は、不必要な外出は控えるようにと警告していますが、正直、満員電車に揺られながら会社に出勤する事が1番のリスクといっても過言ではありません。

 

なんせ人が密集する場所といえば、朝の通勤時と帰りのラッシュアワー時の電車内やホームの上。

 

その影響もあり、一部大手企業やIT企業は積極的にテレワーク化を推し進めており、徐々に一般企業や中小企業でも自宅でできる仕事は自宅で行うスタイルに変わっていくのは間違いないでしょう。

 

テレワーク化が広まれば、空いた時間を有効活用する人たちも増えていくるでしょう。

  • 家族のために時間を使うのもよし。
  • 自分の趣味、好きなこと、娯楽時間を増やすのもよし。
  • もしくは、スキルを高めて別の仕事で稼ぐのもよしです。

 

1番良いのは、通常の仕事の時間はお金を稼ぐために活用するべきです。

もしも、会社から与えられたタスクが既に終了しているなら、残った時間を有効活用して、自宅でできる副業を始めるのが良いです。

 

自宅でできるパソコンを使った内職や副業

自宅でできる副業といえば、1番良いのはパソコンを使ってできる仕事です。

 

今の時代、パソコンさえあれば、自宅でも本業と同じぐらい、もしくは、それ以上の金額さえ稼げる時代です。

もちろん、パソコンを使わずともスマホだけでもできる仕事もありますので、それらを合わせて会社員の方が、テレワークが一般化してきた今こそできる、人気の副業も紹介しておきます。

    1. クラウドソーシング
      クラウドソーシング
      本業の仕事をテレワークで行い、残った時間を副業に当てたい方であれば、本業のスキル等を活かしてクラウドソーシングで仕事を請け負うことです。クラウドソーシングの場合、全てウェブ上で完結するスタイルのため、副業はしたいけど、アルバイトに出るのは厳しい会社員の方にはまさにもってこいの副業です。特に、IT企業で勤めてる方にはおすすめ!
    2. 不用品販売等
      不用品販売やレンタル
      OLや主婦など女性の方であれば、テレワークで本業を行い余った時間を自宅の掃除や溜まった不用品の整理整頓を考える方もいるでしょう。であれば、不用品品をうまく活用して小銭を稼げるやり方はおすすめの副業です。特に今の時代、不用品を販売するだけじゃなく貸して収入を得ることさえ可能な時代。例えば、メルカリを使って不用品を販売するのも良いですし、不用品だけど売りたくないモノなら貸して収入が得られるアリススタイルで稼ぐことも可能です。
    3. ネットビジネス
      ネットビジネス
      自宅待機の人が増えることにより、一般的に消費は冷え込み経済が悪くなりますが、逆に好景気になる分野もあります。それが、ネットビジネスです。ネットビジネスといっても、様々なやり方があります。代表的なやり方ですと、せどりや転売や、アフィリエイト、情報発信ビジネスなど。例えば、転売ですと、コロナウィルスでマスク転売で大儲けする方もいます。中国人転売ヤーと呼ばれる人たちは、それだけでも月2000万以上稼ぐというから驚きです。マスクが品薄になるもわかる気がしますよね。この辺は、道徳心が問われると思いますが、転売以外にもネットビジネスは、アフィリエイトでも稼ぎやす方法はいまだにあります。中には、会社にバレると困る方もいるでしょう。そのような方は、会社にバレずにできるネット副業を試してみては?