お金に困る高齢者

最近なにかと話題になってるニュースといえば95歳まで生きるには、夫婦で蓄えとして2000万が必要という金融庁の老後2000万報告書

2千万…

「ふぅ〜」って方も多いと思いますが、正直、2000万円を蓄えるよりも毎月20万以上の収入の流れを作る方が良いです。

2000万なんていうお金は本当うまくお金を使わないと、老後に2000万貯めていたとしても直ぐに無くなってしまいます。

 

2000万円の蓄えよりも毎月のキャッシュフロー

毎月のキャッシュフロー

逆に、月に20万でも30万でも毎月入ってくる収入の入りがあれば精神的にどれだけ楽か。

お金って、溜まってるお金が徐々に減ってくと正直つらいですが、毎月入ってくるなら精神的に楽です。

2億とか、20億という蓄えなら話は別ですが、2000万っていう金額が投資を行うにも中途半端な額です。

しかも、2000万っていうのは生活費込みの額ですが、実際に投資に回せる金額なんて微々たるもの・・・悲

であれば、2000万を貯金するだけじゃなく同時に毎月10万以上稼げる収入の仕組みを作り上げておく方が良いです。

今の時代、ネットがあるおかげで物凄いお金をかけて商売を始める必要はなく数十万あれば、誰でもビジネスが始められます。

老後からパソコンでビジネス

老後から始める人もいれば、定年間近のサラリーマンでも、老後に向けて今からでも自分一人でも稼げるスキルと仕組みの両方を勉強することが大事です。

もちろん、すべてのビジネスが毎月安定した収益を生み出すわけじゃないですが、やり方さえ間違えなければ、毎月入る仕組みは作れます。

大事なのは、ビジネスでも毎月収入がある程度自動的に入る仕組みが作れるかどうか。

スキルだけを学んでしまうと、常に自分のスキルでサービス等を提供して労働型の収入を生み出すようになってしまいます。

逆に、ビジネスも最初から資産化する意識で仕組みづくりに取り組めば、仕組みがあなたの代わりに働き、あなたに収入を生み出してくれるようになるからです。

これが、老後2000万の問題をクリアーする大きなキーポイントです!

 

現に、私も資産構築型ネットビジネスと不動産という資産で自動的に毎月何百万という金額が入るようになっています。

私の場合、昔から毎月安定して入る仕組み作りの重要性を理解してるので一発打ち上げ花火をあげるビジネスはしません。

そういうビジネスだと、プロダクトローンチで一気に1億とか稼げても

  • ビジネスの負担が大きい
  • 続かない・一発屋で終わる可能性が高い
  • 税金でほとんど持ってかれる

というデミリットが日本国内にいるとあるので、毎月稼げる仕組みの方が精神的に楽なんですね。

例えば、その一つが、趣味を活かしたブログで行う資産構築型ネットビジネスです。

 

少し話はずれましたが、とにかく老後に2000万を貯めるだけじゃなく同時に毎月10万円でも毎月収入が入るような仕組みを作ること。

これこそが、個人でできる老後2000万問題を解決する問題解決法です。

この毎月入る収入は本当心の安定につながりますから!