マイスピーの決済

富田富田

業界でも高性能なメルマガ配信サービスとして知られるMyASP:マイスピーですが、その機能の1つに決済サービスがあります。

PaypalやStripeはもちろん、それ以外にも様々な決済サービスをメルマガやステップメールと連動することができますが、実はあるデミリットがあります。

今回は、そんなマイスピーを7年以上利用している私が、MyASP決済のメリット・デミリットについて解説します

MyASP:マイスピー決済ってどう?

MyASP: マイスピーを利用すると、様々な決済サービスと連携することができます。

決済機能は、かなり使える機能でステップメールと連動させることで自動的にメルマガで稼ぐ仕組みを作り上げることも可能です。

例えば、私の場合も情報コンテンツ販売を行なっていますが、その際、MyASP:マイスピーのステップメール機能や決済機能を利用して販売を自動化。

基本的には、ネット広告やブログやSNS、YouTube等の個人媒体からメルマガ読者を集める集客に集中することができています。

そんなマイスピーの決済ですが、今のところmyaspと連動できる決済サービスは

  • Paypal(ペイパル)
  • Stripe(ストライプ)
  • テレコムクレジット
  • AmazonPay
  • GMOペイメント

があります。

他にも様々な決済サービスと連携できますが、最も使える決済サービスは上記が挙げられます。

ただし、マイスピーの決済サービスは、設定が難しいです。

私も、PayPalとStripe決済をMyASP:マイスピーと連携しようとはじめて試みた時は、結構難しく時間がかかりました

PayPal決済の自動化

私がはじめてマイスピーと連動しようとした決済サービスは、PayPal(ペイパル)の月額課金サービスです。

毎月サブスク的なサービスを提供しており、PayPalとMyASPを連動させることで95%の作業を完全自動化させることができます。

例えば、PayPalだけだと月額課金の決済部分は自動化できてもコンテンツ配信サービスを提供する部分が自動化できません。

連動しない流れを大まかに説明すると:

  1. PayPalから注文が入る
  2. MyASPにお客様情報を入力
  3. コンテンツ配信
  4. 解約が行われたら
  5. 自分でMyASPの配信解除

これが、MyASPとPayPalを連動させると:

  1. PayPalから注文が入り
  2. コンテンツ配信
  3. 解約も自動で配信解除

要は、わざわざご自身でMyASPの配信開始や停止の作業を行うことがなくなるわけです。

これは、商品販売やコンテンツ販売を行なってる方にはAmazonのような商品販売システムを作り上げることができるようになるわけです。

 

ただ、PayPalとの連動は先ほども解説したように結構面倒で何気に難しいです。

それに私個人的には、そこまで注文後の流れが面倒に感じないしお客様情報も確認したい。

また、私のサブスクサービスは、コンテンツ配信ではなくサービス提供なので決済後にお客様とコンタクトして確認することがあります。

ですので、あえてPayPalとMyASPを連動させてない経緯もあります。

stripeのマイスピー決済導入は激ムズ!

PayPalともう1つ私が試した決済サービスは、Stripeです。

Srtipeは元々、他の決済サービスに比べてもStripe自体の設定が難しいです。ですので、マイスピーと連携となるとさらに時間を要します。

ただ、これには1つだけ解決方法があります!

それは、MyASP側に問い合わせオプションサービスで決済を導入してもらうことです。

マイスピーの管理画面から問い合わせてみると色々とオプションサービースを教えてもらえます。決済の設定代行サービスもあるので利用した方が良いと思います。

「お金で時間を買う」のと同じで、それの方が時間の無駄になりませんし、1番大事な決済部分で間違った設定をしなくて済むようになります。

決済設定代行サービス以外にも、CSSやHTMLのカスタマイズなど様々な代行サービスがあるので、もし裏の部分でわからないことがあれば是非利用しましょう!

 

矢印

>>マイスピーで1番おすすめの料金プランは?