LINE@

上記画像引用元:https://at.line.me/jp/

LINE@が削除された方の共通点

8月末に、LIME@で情報発信をされる方のアカウントが削除されてるケースが増えています。

特に、仮想通貨系の無料オファーのアフィリエイト・リンクをそのまま登録者に配信されてる方が多いですね。

最近、情報発信者の多くは、メルマガじゃなくLINE@で無料オファーを行う方が多かったですが、今回の削除で大分減っていくでしょうね。

LINE@で削除された方のケース

私が登録している方のLINE@も削除されましたが気になって過去の配信みると、コラム的なものも多少配信してましたが、無料オファーが多かったです。

特に、仮想通貨系が多いので、この方のLINE@のアカウントも今回の削除対象になってしまったのでしょう。

かなりお金をかけて登録者を集めていたらしいので今回のLINE@のアカウント削除は結構打撃が大きいでしょうね。

今後、LINE@で無料オファーは危険!?

ちなみに・・・私もLINE@で情報発信してますが無料オファーは滅多に流しません。

メルマガでも流すことは少ないですがLINE@は、規約に違反することは知ってたし本当に良いもの案件だけ1〜2回流しただけ。

なんとなくですが、最近はメルマガ読者を集めることよりもLINE@の登録者を増やすことが主流でした。

私も、メルマガ登録者を増やすのと同時に私のLINE@登録者を増やしていましたが基本は、メルマガ中心に行ってました。

多分、今回のようなことになるのは何となく予想していたので、はやっぱりメルマガにしておいたんです。

たしかに、クリック率等はLINE@の方がメルマガより何倍も良いのですが、やはりLINEの依存度が高くなります。

依存度が高くなるのはネットの世界では危険ですからね。

LINE@の登録者は取り出せない

それにLINE@の登録者ってアカウントが消されたら同時に登録者も消されるので、お金をかけて集めても登録者のリストを取り出すことができません。

これって、以前、大手無料メルマガ配信システムのまぐまぐでも同じようなことがありました。

突如、まぐまぐの規約に違反してるメルマガが一斉に削除されるケースが増えた時期があったんです。

まさに、今のLINE@のように。

まぐまもLINE@のように登録者のリストは手に入りませんので消されたら、ある意味全てがなくなります。

リストさえ取り出せれば配信方法を変えれば、全てが無駄になることはありません。

しかし、大手の情報発信システムの多くは見込み客のリストを取り出すことは大半ができません。

そこで、当時私は、まぐまぐの削除事件以降プッシュ媒体も、やはり自分のコントロールが効く独自配信システムで配信することを決意。

まぐまぐは、続けるけどリストの管理(読者のリストを取り出せる)が自分でできる独自配信に変えたんです。

これは、プル媒体でも同じ

以前は、無料ブログを使ってた頃もありましたがアメブロが削除されてからは、最初からお金をかけてWordpressで資産ブログを運営するように。

プッシュ媒体もプル媒体も、なるべく自分でコントロールができる範囲が多いシステムを使うことを心がけているです。

LINE@使った今後の情報発信は?

さて、今後のLINE@での情報配信ですが今まで無料オファーをバンバン流してた方を見るとメルマガに移行する傾向があります。

「最悪、アカウントが削除される前にリストだけは取り出しておこう!」って感じだと思います。

このように、LINE@では今後、無料オファーや積極的なセールスがしにくくなるので、また、メルマガ最強説に戻るかもしれませんね。

実際、アメリカ等は、また最近メルマガの重要性が高まってるらしいですよ。

結局、回り回って最終的には元に戻るこの流れは、いつになっても変わらないのかもしれません。