超ぶっとび広告集の本がきた。勉強になります。早速、実践してみよ。 #ネットビジネス #集客 #広告

富田たかのり〜資産構築型ネットビジネスで自由になった男さん(@takanori_tomita)が投稿した写真 –

 

最近、ネット広告の調子が良い感じで

「実践→勉強→検証→実践→勉強→修正→検証」を繰り返しています。

先日も、ある本を購入したんですが、すごい勉強になっています。(上)

 

3種類の訪問者を理解した上のネット集客!

ところで、ネットで集客している人って、

ただ単にネットで集客している人って何気に多いです。

 

ただし、見込み客の種類をもっと理解してネット集客を行うようになると

もっと効率よく集客ができます。

 

これは、

  • ネット広告を使う場合も
  • 無料集客を行う場合もそう

 

基本的に、見込み客の種類って言うか、

あなたのサイト等に訪れた人って3種類のタイプがいます。

 

  1. 「今すぐ」訪問者
  2. 「多分、そのうち」訪問者
  3. 「興味ない」訪問者

そのうち、1と2が、あなたが販売、もしくは紹介している

商品やサービスを購入してくれる確率がある見込み客って事はわかりますよね?

 

そして、今までのネット集客って、どちらかと言うと、

1番目の「今すぐ」訪問者ばかりを集客する事に注目したやり方でした。

 

ただ、最近のネット集客のトレンドでは・・・

2番目の「多分、そのうち」訪問者を

 

<いかに、見込み客にして顧客にするのか?>

 

ここに注力しているような感じがします。

 

例えば、SEOとYDNの組み合わせもそうです。

詳しくは→ YDNアフィリエイトとは?

 

基本的には、SEOというか検索エンジンから訪れたお客さんを逃さないようにするため

Yahooリタゲ広告を使って成約率を高めると。

 

他にも、Facebook等のSNS広告に記事型広告を見せてあなたの販売・紹介する

商品やサービスを買う理由を伝えたり・・・

 

もしくは、一度、メルマガ等に登録してもらい繰り返し繰り返し情報を与え続け

やがて見込み客から顧客にすると。

 

とにかく、この2番目の「多分、そのうち」訪問者を

見込み客にして顧客にする上で大事なのは

 

「記憶に残す事」

 

「多分、そのうち」訪問者は実は、あなたの顧客になりたい人だったりします。

 

だから、彼らの記憶に残しつつフォローをし「多分、そのうち」の思ってる人が

買わない理由を潰していく事。

 

これが重要なプロセスであって今後のネット集客の鍵になるとおもっています。