悪徳業者

昨日、全く知らない出版社から、こんなメールが送られてきました!

「弊社はamazonとの書籍の共同出版をさせて頂いておりまして、今回、「ネットビジネス」をテーマとした本の出版を企画しており、書籍という形で本を書いていただける方を探しております。

そこで候補者様探しをしているなかで、KAIGAINET.com様のHPを拝見し、ぜひ富田様とお話しをしてみたいと思いご連絡させて頂きました。

テーマは上記の通りでありますが、とても広いテーマではありますので私個人としましては、これまでの富田様のご経歴やご活動内容をはじめ、豊富な知識、人生観なども書いていただければと思っております。

富田様のほうでも、書きたいテーマがあればご相談頂ければ幸いです。

「ネットビジネス」に限定せず、今までのご活動の中で出会った想い入れの深いエピソードや、富田様が今考えていること、感じていることを書いていただいても素敵な内容になるのではと考えております。」

一見、普通の出版社が目にかけてくれて本の依頼が来たと思いますが実は、そうではないんです!

この文章には最後の方に、こんな感じの文章も書かれています。

「出版に向けては、審査、一部費用負担もございますが」

これって、実は自費出版させる業者で普通の出版社とは違います。

普通の出版社はお金はかからない!

実は、私は今まで2冊の本を出してますが普通の出版社であれば、本を出版する際に費用は全く掛かりません。

むしろ、10%の印税を貰えるわけですからこちら側が本を出版するためにお金を払うのはおかしいわけです。

ただ、世の中には「本を出版して印税生活を!」みたいな事を夢見てる方もいます。

そういう人やブロガー等を狙い、こういう業者は出版をちらつかせ最終的にはお金をとるわけです。

しかし、自費出版しても印税なんて、たかが知れてます。

印税で生活するなんて夢のまた夢です。

毎日200冊も新書が出る中で今の時代、1万部でさえ売るのはものすごい難しいわけです。

相当、PR力がないとね。

私が本を出版した方法

私は、本を出版し2万部売れましたが、これは翔泳社という巨大な出版社の力と当時手伝ってくれた編集者の方と営業の方の力。

そして、2万部売っても入ってくる印税は100万ちょっとです。

私の場合、当時は何のコネも無かったので出版社の間にもう一社、NPO法人を通して本を出版したので印税の3%を払いました。

でも、これは最初の段階で払うのではなく成果報酬型です。

だから先ほどの業者のように本を出版するための費用は一切ないわけです。

突然の出版メールには要注意!

ですので、もし、あなたもブログ等を運営し、こういう話が突然来たら要注意です!

「え、本の依頼! うそ〜嬉しい!」

って勘違いし、話を聞きに言ったらもう手遅れです。

注意しながら見る男性

色々とうまく誘導され最終的には、本を出版するだけで何十万〜何百ってお金を払う羽目になります。

もし本を出したいなら、自分の本の企画を作り。そこそこ名が知れた出版社に手をあげて貰える
努力が必要です。

あとは、私が活用したようなNPO法人等を活用するのが本の出版は1番無難です。