トップページ >>ネットビジネスでお金を稼ぐ秘訣>>Amazonで電子書籍を出版したけど売れない!?

Amazonで電子書籍を出版したけど売れない・儲からない!?

印税を求めるな!電子書籍を出版する本当の目的とは?

AmazonのKindle

電子書籍を出版しても売れない!?

本を出す事は、本を出してない方から見ると、もの凄い事だと感じるかもしれませんが、実はそうでもありません。

今の時代、電子書籍も主流になりつつありますが、電子書籍であれば比較的簡単に出版する事が可能です。

電子書籍を出版する方法は、後ほど詳しく解説しますが・・・

 

それよりも、出版した本を売る事の方が何十倍も難しい事を知っておいたほうが良いです。

 

既に電子書籍を出版された方の中には、こんな風に感じている方も多いんです。

「電子書籍を出版したけど全然売れない・儲からない・・・印税なんて対して入ってこない」

そして、このように嘆き悲しんでいる方達には、ある共通点があるんです。

 

それは、出版したら電子書籍が勝手に売れまくると錯覚している事です。

これは、一般の書籍でも同じことが言えるのですが、基本的に、本を出版しても勝手に本が売れていく時代ではないんです!

 

もちろん、電子書籍に比べれると一般の書籍の場合は、本屋さん等に陳列されるので出版すれば、そこそこは売れます。

それでも出版業界は、毎日200冊の新刊が出るような時代。

ですから、従来の形で本を出版しても出版社の力や著者自体の知名度がない限り、本がお客さんの目に留まるような場所に陳列される確率は非常に低いんです。

 

 

電子書籍の場合は、さらに大変です。

なぜなら、電子書籍の場合、大抵がAmazon等を活用してKindle向けの電子書籍を出版します。

Amazonのみで販売される場合、その本(電子書籍)が見つけられる確率は、一般の本屋さんに陳列されている本よりも確率的に言うと非常に低いと言わざる得ないと思います。

 

ですから、全くの無名の人が電子書籍や本を出版した場合、ある程度は、自分の力(PR力)で、自分の本を売る必要性があるんです!

 

 

自分の本

実際、私も従来の形で本を出版した際、運よく大手出版社から本を出版して、それだけでも本が2万部以上売る事に成功しましたが、それ以外にもネットでPRを行ったり雑誌等にプレスリリースを送り取材してもらい自らの本を宣伝する事を行いました。 

PR
Yahoo! Internet Guide 2005年9月号!
図解:ドロップシッピング講座
SPA! 2006年1月号!

そして最終的に、5万部近くまで売る事は成功しましたが、それでも印税は200万程度。

広告費や作業日数を考えると、全く割に合わないのが本の出版の現実なんです。

 

要は、本の出版というのは、ある程度の知名度がある著者を除く以外は、印税を目的にしてはいけないって事です。

特にビジネス書の本を出版する事はね!

 

じゃ、なぜ、本や電子書籍は出すべきなのか?

 

Amazonで電子書籍を出版する目的?

基本的に、本や電子書籍を出す目的は、マーケティングでの活用が大事なんです。

要は、本を出したという証

情報商材などではなく電子書籍や本という位置づけがブランド的には大事なんです。

 

基本的に、電子書籍と情報商材というのは、そこまで大きな違いはありません。

どちらもフォーマット的には、eBookになるので形式的には同じです。

ですが、世の中的には、情報商材のイメージは悪く、電子書籍は本に近い感覚なのでイメージが良くなります!

 

 

言葉は悪いですが、後は、これ(電子書籍)を餌にして見込み客の囲い込みを行えば良いんです!

例えば、今流行りのLINE@の場合。

下記のような感じで「友達申請をしてくれた人には、私の電子書籍本を無料でプレゼント!」というキャンペーン実施する事で、登録者を増やすと。

Line@の友達募集で使える!

他にも、あなたのブログでメールアドレスを取得してリストマーケティングを行う場合、【私のメルマガに登録して頂いた方には、今なら、本を無料でプレゼントします!】という形で宣伝すると登録率は高まります!

広告を出す際も、【無料で本をプレゼント!】という文句を入れる事で、広告の反応を上げる事さえ可能ですし、本を使う事で中々通りにくい広告を出すことも可能になります。

 

また、本と電子書籍の場合、電子書籍の方が出版するスピードが圧倒的に早いし、なりよりも個人で簡単に出来てしまいます。

ですから、上記のようにマーケティングの餌としての活用目的がメインなら、今の時代、従来の本を出す必要性はそこまで高くありません。

 

 

電子書籍出版は凄い簡単!

AmazonでKindle本を出す

 

最後に、電子書籍を出す方法ですが、これはAmazonを使うのが1番良いです。

詳しい方法は、【Amazonでサクッと電子書籍(Kindle)を出版してみた!】の記事を参考にしてみてください!

 

他にも、下記の動画にて解説しておりますので電子書籍の出版を考えてる方は、ぜひご覧になってみては?

【その他の関連記事】

参考になったらSNSで共有してください


【初心者向けのおすすめ記事】

ネットビジネス初心者のイメージ画像

パソコン初心者向け!ネットビジネス始め方

kaigainet.com/step1.html

アフィリエイトサイトのイメージ画像

初心者に1番おすすめのアフィリエイトとは?

kaigainet.com/step2.html

資産構築型アフィリエイトのイメージ画像

資産構築型で稼ぎ自由を手にする仕組み

kaigainet.com/step3.html


ネットビジネスで稼ぐ為の秘訣を解説した無料メール講座

いますぐ無料で登録!期間限定ですのでお早めに!

あなたのEメールアドレスを入力後『富田の無料メール講座に登録する』を押して下さい。

Eメールにて、自由を手にする為に初心者がすべき事を解説した無料の特別レポートや動画・音声講座を定期的にお送りします!

※ 注意!必ず、ちゃんと読まれるメールアドレスを入力して下さいね。メールで送るので!

この無料レポートを読んだ方達のコメント


いますぐ無料で登録!期間限定ですのでお早めに!

あなたのEメールアドレスを入力後『富田の無料メール講座に登録する』を押して下さい。

Eメールにて、自由を手にする為に初心者がすべき事を解説した無料の特別レポートや動画・音声講座を定期的にお送りします!

※ 注意!必ず、ちゃんと読まれるメールアドレスを入力して下さいね。メールで送るので!