出版社がAmazon(アマゾン)で自費出版する2つの方法


Webマーケティングで本をPRする時代

先週の金曜日、正午から久しぶりにお世話になった

出版社の方と打ち合わせ。

 

別に私が新刊とか出すのではなく、、、

 

この方が今手がけた本のPRをする際に

「ウェブマーケティングを活用したい」

という事だったので色々とアドバイスをしたんです。

 

この方は、私が初めて出版した本を担当してくれた

元・大手出版社の編集長。

 

その頃、私は特に何の情報発信もしてなかったのですが、、、

私が一生懸命つくりあげた本の企画を見て唯一興味を

持ってくれた編集長だったんです。

 

しかも超大手出版社だったんで本屋にも

平積みスポースを確保して頂きました。

 

知ってましたか?

 

出版社によって平積み可能エリアがある事を・・・
ま、そういうワケで私の処女作は特に

何のPRもせず数万部が売れ。

その後も、各マスコミにも取り上げられました。

 

そういう意味でも色々とお世話になった方なんで

今は、逆に協力できることは協力する。
ちゃんと恩を返す
これが私は大事だと思い昨日も色々とネット集客や

ウェブマーケティングに関してアドバイスをさせて頂いたんです。

 

 

出版社がAmazon(アマゾン)で自費出版するe託販売サービス

私が、ウェブマーケティングに関してアドバイスをした際、

逆に、その方に出版社がAmazonで本の販売(自費出版)を

行う方法を教えて頂きました。

 

 

本の出版ってよりもAmazonでの本の販売って言って感じ。

ただ、本の販売って言ってもAmazonマーケットプレスを

使ったやり方じゃありません。

 

本の出版社として出版した本を

Amazonに登録し販売する方法です。

 

それが・・・

Amazonのe託販売サービスを活用することです。

 

これを使うと出版社の本をAmazonの配送センターに

委託で在庫を置き販売することが出来るサービス。

 

e託販売サービス自体は知ってましたが

出版社が本の出版で使うサービスって

いうのは知らなかったです。

 

ただ、このe託販売なんですが少し機能的に

必要不可欠な部分が抜けてる感じがあります。

 

例えば、先日も出版者の方と話し

YDNを使って本をPRし、

Amazon販売につなげる

 

こういう構図を考えたんですが

コンバーションタグ設定がAmazonの

サンクスページに設定できない

 

ってことが分かったんです。

 

これってネット広告を使ってAmazonでモノを

販売する場合、結構、致命的ですよね。

 

費用対効果の測定ができないとPRの効果が測れないので・・・

 

多分、出版者自体がネットを使いPRし

そのまま販売する出版社もまだまだ少ないんでしょうね。

 

この辺の機能が未だにないって事は

要求している人自体が少ないって事も考えられますしね。

 

何となくですが、バックボーンの販売部分だけじゃなく

ネットの販売面でも機能が必要ですよね。

 

 

KindleならAmazonで簡単に自費出版できる

ちなみに・・・・Kindle本ならもっと簡単に

Amazonにて本を販売・出版できます。

詳しくはコチラ↓

AmazonでKindle本を自費出版する方法

 

 

紙媒体に拘らないならKindle本の方が

楽だしスピィーディです。

 

本の出版は何が目的なのか?

 

これを考えて本の出版計画を練る事が

今の時代のやり方かもしれません。

 


ところで・・・
初心者の方に1番オススメのネットビジネスって何なの?

→ 詳細はこちらの動画で詳しく解説してます!

よく読まれる記事ベスト3はコチラ!

人気記事第1位私が稼いでる2種類のアフィリエイトサイト成功事例

私が稼いでいるアフィリエイトサイトを公開している記事が大人気!

私が運営している2種類のアフィリエイトサイトを公開!
一つは成果報酬型アフィリエイトで教材等を紹介しているサイト。
もう一つはGoogleアドセンス等のクリック型アフィリエイト広告を載せて稼いでいる私の趣味サイトの一つです。

⇒ 続きは、こちら

 


家族と一緒にミラコスタスイートに宿泊!

ホテルミラコスタのスイートルーム家族と一緒に、平日子供が休みだったんでディズニーシーに行った時です。
ホテルミラコスタのスイートルームに泊まり、家族と楽しい時間を過ごした時の写真や動画を掲載しています!
ただ、他の都内のホテルのスイートルームに比べると、そこまでゴージャス感はなかったですね。笑

⇒ 続きは、こちら

 


ビジネスマン向け雑誌「BigTommorrow」に再び掲載!

BigTommorrowサラリーマンや主婦などビジネスや副業に興味がある人に人気のビジネス月刊誌、BigTommorrowに再び掲載されました。
今までも様々な雑誌等に掲載されましたが、1番掲載回数が多いのはビックトゥモローさんの雑誌です。

⇒ 続きは、こちら



 

 

富田の資産構築型を学ぶ!無料動画メール講座

ネットビジネスで稼ぐ為の秘訣を解説した無料メール講座
いますぐ無料で登録!期間限定ですのでお早めに!

あなたのEメールアドレスを入力後
『富田の無料メール講座に登録する』を押して下さい。

Eメールにて、自由を手にする為に初心者がすべき事を解説した 無料動画と電子書籍をお送りします!


この無料レポートを読んだ方達のコメント

サブコンテンツ

このページの先頭へ