トップページ >>海外ネットビジネス>>Amazon(アマゾン)輸出は意外と儲からない!?

Amazon(アマゾン)輸出は意外と儲からない!?

Amazon.com

AmazonやeBayを使って稼いでる人の本当の稼ぎ方。

さらに、それ以外の方法で儲ける方法を解説!

 

円安が進み海外輸出ビジネスがブームに

 

2015年も、もう残り半年になりましたが、未だに円安傾向が進み1ドルが120円台を突破。(2015年12月のの記事)
徐々に日本政府も為替介入に本腰を入れそうな感じが出てきました。

一方、この円安傾向により今まで輸入ビジネスで稼いでいた人たちがこぞって、海外輸出ビジネスを展開するようになってきました。
その中でも、1番注目されている海外輸出ビジネスと言えば、Amazon(アマゾン)輸出ビジネスです。

 

Amazon輸出ビジネスは、世界最大のネット通販サイトAmazon(アマゾン)を使い、個人でも海外各国に輸出するビジネス
しかも、海外のお客さんから注文を受けてから商品を仕入れる為、無在庫販売が可能
さらに、FBAというサービスを使えば発送等も自分でやらずに済みます

AmazonのFBA

 

要は、海外に居なくても、それこそ外に出なくても稼げるのがAmazon(アマゾン)輸出ビジネスなんです。
そういう事もあり近年、円安傾向もあり注目を浴びています。

しかし、実際は・・・

 

アマゾン輸出は儲からない!?

アマゾンは儲からない!?

しかし実際、Amazon輸出ビジネスを展開してみたものの、商品は売れたけど儲けは少ない・・・って感じている人も多いです。

そういう事もあり、ネット上では「Amazon(アマゾン)輸出ビジネスは儲からない!?」なんて検索する人も増えていますが、実際アマゾン海外輸出ビジネスで大きく儲けている人は存在します。
ただし、彼らも相当の努力と、相当の数の商品数を出品して日々価格競争を逃れ儲けを出しているというのが現状なんです。

 

基本的に、Amazon(アマゾン)輸出ビジネスはもちろん、アマゾンの転売ビジネスで稼ぐには、売れ筋ランキングの高いものを中心に商品を販売します。
そして直ぐに買ってもらえるように、他の出品者よりも1円単位で価格を下げて売るのが王道のやり方
こうなると、アマゾンでは値崩れが起こりやすくなり価格競争に陥ってしまい、アマゾン輸出ビジネスだけで安定して稼ぐのは結構厳しくなります。

 

しかも、アマゾンの場合、送料込みに対して値段にアマゾンの手数料15%が掛かります。
例えば、$100の商品+送料$20なら、$100に対してではなく、$120に対してアマゾンの手数料15%が掛かるの$18ものの手数料がアマゾンに支払う必要性があるんです。

 

要は、全くの初心者の方が何も勉強もせずに、Amazon:アマゾン輸出ビジネスが簡単に出来て稼げる!って聞いたからと言って、このような事をも知らずに、アマゾンに1点〜2点ぐらいの商品を出品しても全く稼げないって事。

 

実際、アマゾン輸出ビジネスで本当に稼いでいる人たちの方法というのは、もの凄い膨大な数の商品を出品しているからこそ、それなりの利益を出すことが出来ているんです。

もの凄い膨大な数とは、いったいどのぐらいかと言うと、数十万個は必要でしょう。
要は、薄利多売に近いです。
もちろん、インターネットであれば、その辺は色んなツール等でカバーする事は全然かのうですけどね。

 

ただ、それでも、そこまでたどり着くには相当の努力と失敗を重ねたいと中々難しいのが現状です。

 

ebay

逆に、アマゾンでは価格競争が激しいから、海外ネットオークションサイト:eBayに移る方も少なくありません。
eBayであれば、英語や出品枠の制限があったりして、Amazon:アマゾン輸出ビジネスよりも参入障壁が高いので、その分、価格競争が少ないからです。

 

eBayに海外輸出

私も、eBay輸出ビジネスの経験があるので分かりますが、アマゾン輸出ビジネスよりは儲けが出やすいと思います。
ある程度、英語に自信のある方や根気強く商品を販売して徐々に出品数を増やしながら頑張れる人には、私個人的にはeBay輸出をお勧めします。

 

 

利益率が高く販売・発想も楽な稼ぎ方

ただし私の場合、基本的に日本国内でも海外向けのネットビジネスでも、あまり物販を扱う事はありません。
なぜなら、物販というのは利益率も低く、どちらかと言うと薄利多売なビジネスだからです。
もちろん、ネットビジネスなんで、普通に店舗販売されてる場合よりも利益率は高いです。

 

高いですが、Amazon:アマゾンなど他のプラットフォームを活用して販売する場合は参入者が多いため、価格競争に巻き込まれる可能性が非常に高いんです。
後は、色々と面倒も多いですし常に新規顧客を探し販売するビジネスだと、その後の展開に息づまる事が多いからです。

ですので、もし物販で稼ぐにしても、自分で独自の海外ネットショップを開設してビジネス展開を図ると思います。
そして、AmazonやeBayなどを活用するのは、あくまでも集客目的で活用すると思います。

 

そうすれば、赤字覚悟で商品を出品したとしても、その後の展開ができるようになります。
要は、顧客リストを構築して、

  • その後に他の関連商品を販売したり(クロスセル
  • アップグレート商品を販売したり(アップセル
  • リピートしてもらってして(リピート販売

稼ぐビジネスモデルを作り上げる方が、安定して稼げるし儲かる事も出来るようになるってわけです。

 

 

私の海外ネットビジネス

もしくは、私のように物販とは違った海外ネットビジネスで稼ぐ仕組みを構築するかです。
私の場合、日本国内でも海外向けでも、「利益率が高く販売・発想も楽なネットビジネス」しか展開していません。
これは過去に、物販をしていて面倒くささや、将来的なビジョンを描くことが出来なかったからです。

 

では、「利益率が高く販売・発想も楽なネットビジネス」とはいったい何のか?

という部分ですが、これは基本的には3つです。

  1. 情報コンテンツ販売ビジネス(教材やオンラインスクール等)
  2. アフィリエイト(他の人の商品やサービスを紹介して紹介手数料を得る)
  3. 広告販売(アドセンス等)

これらは、いずれも私が海外向けに展開しているネットビジネスです。

 

日本語講座

例えば、私の場合、海外向けに日本語講座を販売したり他の人の講座をアフィリエイトして報酬を得ていますが、私が現在、基本的に行っているのは2週間に1回程度のサイトの更新と、YouTube動画の配信のみです。

 

これは集客目的の為に活用していますが、サイトはGoogle等の検索エンジンからの集客、そして、動画はYouTube等の動画共有サイトからの集客。
そして、これらの良いところは、ちゃんとした手順で記事や動画を追加していけば、それらが蓄積され一つ一つの記事や動画が私の代わりに、お客さんを連れてきてくれるようになるんですね。
ですから私がする事は、ほとんどありません。

 

商品(日本語講座)の販売も、一度講座が完成すれば全て自動化が出来ます!

アマゾン輸出やeBayの海外輸出のように、在庫管理や商品の梱包・発送に悩ませれる事も全くありません。(アマゾンは、FBAを使えば配送等は自動化できますけどね)
それに仕入れもないので原価も完成した後は1商品に対しての原価は0円です。

 

これってすごい事だと思いませんか?

この事については、私が初心者の方に1番おススメしているネットビジネスの稼ぎ方を解説した無料動画講座があるので興味がある方はコチラをご覧ください!

 

アマゾン輸出や物販ビジネスされてる方ならわかると思いますが、仕入れ・商品購入代(原価)がないって事は、利益が全て自分のポケットに入ってくる事ですよ。
(もちろん、決済手数料やサーバ―代等の費用は掛かりますが、そんなの商品の仕入れ代金に比べれば微々たるもんです)

 

とにかく、無形コンテンツを販売・紹介するネットビジネス(広告を含め)は、やはり世界中をどの国を相手にしたとしても1番儲かるって事です!

 

参考になったらSNSで共有してください


【初心者向け記事コンテンツ】

ネットビジネス初心者のイメージ画像

パソコン初心者向け!ネットビジネス始め方

kaigainet.com/step1.html

アフィリエイトサイトのイメージ画像

初心者に1番おすすめのアフィリエイトとは?

kaigainet.com/step2.html

資産構築型アフィリエイトのイメージ画像

資産構築型で稼ぎ自由を手にする仕組み

kaigainet.com/step3.html


ネットビジネスで稼ぐ為の秘訣を解説した無料メール講座

いますぐ無料で登録!期間限定ですのでお早めに!

あなたのEメールアドレスを入力後『富田の無料メール講座に登録する』を押して下さい。

Eメールにて、自由を手にする為に初心者がすべき事を解説した無料の特別レポートや動画・音声講座を定期的にお送りします!

※ 注意!必ず、ちゃんと読まれるメールアドレスを入力して下さいね。メールで送るので!

この無料レポートを読んだ方達のコメント


いますぐ無料で登録!期間限定ですのでお早めに!

あなたのEメールアドレスを入力後『富田の無料メール講座に登録する』を押して下さい。

Eメールにて、自由を手にする為に初心者がすべき事を解説した無料の特別レポートや動画・音声講座を定期的にお送りします!

※ 注意!必ず、ちゃんと読まれるメールアドレスを入力して下さいね。メールで送るので!